注文住宅や輸入住宅で建てる家は細部まで悩むけれど…

注文住宅で一戸建てマイホームを建てた のですが、巾木の色ひとつでものすごく悩みましたね。注文住宅や自由設計の輸入住宅は自分たちで好きなように、言ってみれば無制限で自由自在に行えますから、ですからこそ悩んだのですよね。
私なんかは、輸入住宅は売っているそのままを買わなければ行けない、いわゆる建売の海外バージョンのように思っていたのですが、実際には自由設計ができるプランを取り扱っている業者さんもいることを最近知りました。
その輸入住宅で何ができて何ができないかは担当者の方や設計士の方とよくよく相談が必要です。

もちろん、わが家の一戸建て住宅を設計してくださった建築家さんから、アドバイスをたくさんいただきましたよ。しかし、それでも悩みはするのです。先ほどもあげましたように、「巾木」の色にしましても、「ダークブラウンとオフホワイトどちらがいいか?」ということで散々悩みました。自分で色紙を用意して組み合わせを見てみたり、パソコンのイラレで壁のイメージを描いてみたりと、まあ色々とやりましたね。

展示場の家を見たり、輸入住宅の画像を検索したり、輸入住宅を実際に建てた方に話しを聞いてみるのもいいかもしれません。とにかく色々とやってみるしか無いですね。

また、ベランダの色味についても「どの色にしようか?」と、悩みました。それにウッドデッキの色についても、また同じように「どの色味の茶色がいいかー?」と、頭を悩ませたものです。だって、後から変更するのは簡単なことではありませんからね。そりゃあお金が無制限に使えるのでしたら、新築マイホーム建設後すぐにリフォームすることも可能でしょうけれど。しかしわが家はそこまでリッチじゃありませんからできませんよ。

輸入住宅のようにおしゃれな配色にはしたいけど、後悔するのは嫌だから、やっぱり無難な色にしようかな…などと悩みだしたらきりがありません。

そういうわけで細部の色にいたるまで、注文住宅で建てるマイホームに頭を悩ませたものですけれど、しかし「そんなにこだわることもなかったも!」なんてことを今更ながら思っています。いや、後悔しないためにも必要な労力だったかも知れませんが、「悩んだあげく結局、建築家さんのオススメ通り」にすることがほとんどでしたから。

考えてみれば、カタログの輸入住宅と並べて見るわけでもありませんし、使わなかった色と比較しながら住み続けるわけでもないんですよね。

それならば最初から悩まなくっても良かったのではないかーと、思いましたね。「定番は最も良いから定番なんだよ」と、今更ながら思います。若かったこともあるのですが、マイホームの設計段階では「一味違うマイホームにしたい」ぐらいのことを思っていましたから。

輸入住宅のようなおしゃれで素敵な家。他のママたちに「おお~!」と思われるような、「個性的すぎないけど、なんか良いよね」というマイホームにしたいなどと。しかし、マイホームの細部の色味にしても冒険しない方が落ち着くことはよくあることで、結局は建築家さんの意見に沿って良かったなぁとも思います。けれど、最初から言う通りよりも、ある程度悩んでから決めて良かったとは思っていますが。というより、思い込むようにしていますが。

PR|アフィリエイト相互リンク|童話|住宅リフォーム総合情報|心の童話|内職 アルバイト|SEOアクセスアップ相互リンク集|JALカード|英語上達の秘訣|お小遣いNET|初値予想|生命保険の口コミ.COM|クレジットカードの即日発行じゃけん|サプリメント|生命保険の選び方|マッサージのリアル口コミ.com|工務店向け集客ノウハウ|