日本と中国での住まいの違い

中国は地域によって住まいの供給に大きな差があり、お金さえあれば輸入住宅のような間取りの家を購入できるわけではありません。

ですが一昔前よりも住宅建設が進み、新築のマンションも購入できるようになりました。

都市部では特に高層のマンションが主流です。

以前は職場単位で住まいも決まっていましたが、今は個人の自由に購入できるので、資金や利便性を重視できます。

新開発地区では広い敷地に共有施設を備えたマンション群もあり、そのようなところはセキュリティーもしっかりしています。

日本で庶民が購入を考えるクラスのマンションと中国のマンションを比較した場合の相違点は、内装の状態です。

日本では部屋の内装は、キッチン、浴室など完成した状態で引き渡されて引っ越しの運びになりますが、中国では建物の各自の部屋の形が出来た状態までで引き渡されることが多いです。

そのため、各自でシステムキッチンや浴室、洗面所などの工事を依頼して行わなければなりません。

そのために同じタイプの物件でも、それぞれに仕上がりや設備配置が違ってきます。

部屋の引渡し前にオーダーできれば楽ですが、この辺りが日本と大きく違うところです。