作者別: BAQEYSlr

子育てに向かない一戸建てだったけれど…

Published / by BAQEYSlr

うちの愛知県に注文住宅で建てた一戸建てマイホームは、「子どもを育てる」ということを全く考えて造らなかった一戸建て住宅です。ですから、階段にしてもリビングルームから二階へと続くオープン階段になっているのですよね。リビングルームの上部は吹き抜け天井になっていて、二階の廊下も階段と同じくオープンです。ですから、子どもが落下する可能性は十分にあるわけです。

ですから、新築から4年経って子どもが生まれた時には、さまざまな対策をしましたよ。もちろん、子どもにとって危険を回避するための対策です。例えば、二階の廊下の手すりとオープン階段にはネットを張ることはもちろんです。階段の出入り口にはゲートだってつけましたし。

しかし、二人目が生まれた時には既にもう何もしなかったのですよね。一人目が7歳になってから二人目が生まれたということもあり、子どもの危険を回避するための対策は既に取り払ってしまっていましたし。けれど、とくに危険もなく子どもは小学生になりました。ですからまあ、わが家は「子育てに向かない家」ではあり保育所にはできませんが、子育てができない家ではなかったということで。リフォームせずとも何とかなったというわけです。

地下が一戸建てでは是非とも欲しい

Published / by BAQEYSlr

愛知県に注文住宅で家を建てることになったのですが、住宅施設で欲しいと思えるのは何と言っても地下です。日本は湿気が物凄いということがありますから、どうしても地下というのはそこまで良い施設として認められていないというのも確かなのですが空調をしっかりとしたりあるいは周りの建材を色々と考えることによって少しはうまくいくようになるのです。私の場合は何と言っても大事にしているのが防音性能であるからです。戸建住宅ではマンションほどを気にしなくてもいいという点があるのですが、それでも難しいと言えるのが大きな音量でシアターなどを増設しようとしますと問題が出てきます。しかし地下にするのであればそれなりにかなり大きい音量を出したとしても問題がないということになります。既に戸建ては持っていますし、住んでもいるのですが次に立て替えをしなければならないという時には地下を作りたいと思っているのは間違いないです。ある意味で大人の秘密基地、みたいなことでやってみたいと思っています。

私が輸入住宅に感じる違和感の正体

Published / by BAQEYSlr

私は純和風の家も好きですが、イギリスが大好きなので西洋の家も素敵だと思います。岡崎市に建てる家は輸入住宅にしようと思っていたのですが、色々と見ているうちに迷ってしまいました。

日本で輸入住宅を扱っているハウスメーカーの商品を見てみると、なんだか違和感を覚えます。その正体は2つあって、1つは少しでも安くしようとしたのか、外壁材がおもちゃのように感じることです。

同じレンガでもどうしてイメージが違うのかなと思うと、イギリスでは古さ、伝統があるからこそ感じられる味わい、風情があるのですが、新しいもの好きな日本人はどうしてもピカピカのものの方が良いのか、それを私が安物のように思ってしまいます。ここが違いになってきているなと感じます。 そしてもう1つは周りの家のことですね。せっかくおしゃれで素敵な輸入住宅を建てても、周りの家が輸入住宅でなかったらやっぱり浮いてしまうのです。だから海外同様とはいかないのかなと思ってしまいますね。エクステリアとしての裏庭もないと、本当に家だけゲットしただけになってしまっています。

風通しの良さが魅力の輸入住宅

Published / by BAQEYSlr

家を建てることになり住宅展示場を見学して魅力的に感じたのは輸入住宅です。日本建築は日本らしいけど、ルックスが平凡で特徴がない、部屋の中が間仕切りが多く、壁ばかりで狭いという印象があります。家族のことを考えると豊田市に建てるのは輸入住宅のほうがよいかと思っています。もちろん注文住宅などでオリジナルデザインも可能ですが、日本の住宅は個性が少なく、狭い土地にすべてを詰め込むように建てているので、あまり魅力を感じないのが正直なところです。その一方で輸入住宅は広い土地を持っているのであればかなりの魅力です。きれいなガーデンやウッドテラス、芝生や緑の庭は癒されますし、そうした庭は輸入住宅のデザインにぴったりです。

さらにハイビスカスやバラなどのお花も、ヨーロピアン住宅だとさらに引き立つものとなります。輸入住宅は、窓が広くて開放的、リビングは広々としており、ペットのある暮らしに最適です。また家族が集まり、まとまりやすいという点でのメリットがあります。壁が少なく顔を合わせ、家族がコミュニケーションを取りやすい雰囲気が作れるのは、輸入住宅の大きなメリットであり、こうした点でも風通しの良い住宅なのです。

輸入住宅は窓が魅力的

Published / by BAQEYSlr

いろいろな家の外観を見ていると、これはいいと思うものとして、やっぱりダントツに輸入住宅があります。最近では、私の住む愛知県でも輸入住宅をよく目にします。女性であれば誰でも憧れる、そんな外観です。明らかに日本の住宅とは違うと思うことが出きる、飛び抜けて素敵な外観なのです。どうしてそんなに素敵に見えるのかと思うと、そこには理由がありました。

それはなんといっても、窓がいいということです。白い枠の窓がとても目立ちます。しかも多くあるので、その点でメルヘンチックですね。女性はメルヘンが好きなので、その点でも憧れるものとなっています。

そして小さい窓がたくさんあるところも、魅力として思うことができます。窓があることにより、それがひとつの家の外観のデザインになっているからです。機能的な窓がデザインとなっているのは、日本の建築ではそんなに見たことがありません。その点で、窓が目立つので輸入住宅を直ぐにわかります。一度は住んでみたいですね。可愛い家は憧れです。

新築一戸建てはバリアフリー

Published / by BAQEYSlr

岡崎市に注文住宅で建てた新築一戸建ては、バリアフリーにしました。親も高齢になってきたので、安心した住まいを得たいと考えるようになってからバリアフリーの新築物件を探すことにしました。新築一戸建ては、バリアフリーを購入したいと考えていたので、バスルームなども高齢者が使いやすいよう、考慮して造られているような物件にしました。新築一戸建て物件を購入したいと考えるようになり、住宅メーカーの方に相談してバリアフリー物件を紹介してもらうことにしました。バリアフリー物件で高齢者も安心して住めるような物件を購入することができ、親もかなり喜んでいるので住宅メーカーの営業さんへこちらの希望をきちんと伝えたことで、快適な住まいを見つけることができ、とてもよかったと実感しています。バリアフリー物件を探すようにしたことで、とても快適な住まいを選ぶことができました。日常生活も大きく変化したので、高齢者も住みやすい快適な住まいを得ることができました。

土地選びのコツをチェック!

Published / by BAQEYSlr

岡崎市に注文住宅の家を建てることになり、周辺の環境も重要ですが、色々な物件展示会場をチェックして、住宅の造りや雰囲気など色々と家族で話し合いマイホーム選びのコツがわかるようになりました。土地選びのコツは、まず地盤がしっかりしていることが重要になるので、周辺に川があったり、沼があったような地位は避けるようにしました。そして、雨の日なども気になる物件の周辺を歩いてみて、水はけ具合なども確認しておくようにしました。水たまりができやすく、水はけが悪いと住宅も傷みやすくなるため、雨が降った日に大変になるな〜と実感するようになりました。土地選びのコツがわかるようになったので、家族で話し合い、理想的なマイホームのイメージや選び方などわかってきたので、新築物件のコツなども理解できるようになりました。地盤がしっかりしていることは、かなり重要になるため、雨の日の状況などは重視していたので、物件周辺を雨の日もチェックするなど、土地選びは重視しました。

注文住宅として北米風住宅にするメリット

Published / by BAQEYSlr

北米風住宅はカナダやアメリカ合衆国などの家で、現地の文化や生活習慣などに愛着があれば愛知県でも注文住宅として選ぶと良いものです。注文住宅は好みに合わせて住みやすい物件にしてもらうと生活の拠点になり、建売住宅とは違った雰囲気を味わえます。家を建てる時は通勤や通学に便利な場所を探し、土地の価格の動向を確かめて決める方法が望ましいです。

海外の住宅物件は日本とは違ったおしゃれさがあり、堅苦しくないためにあこがれる人が増えています。北米風住宅は自然の中で暮らせるような雰囲気を感じるため、注文住宅として家族で安心して住めるように決めると良いものです。北米は冬になると寒さが厳しく、木材は自然の雰囲気を感じることや耐久性が強く注目されています。

注文住宅として北米風住宅にするメリットは現地で暮らしているような雰囲気を感じ、おしゃれな室内環境になることです。家を建てる時は依頼する業者やメーカーによってサービス内容や料金が異なり、比較して納得して決める必要があります。

輸入住宅は断熱性に優れている?

Published / by BAQEYSlr

断熱性に優れたマイホームなら輸入住宅もいいですよね。北欧やカナダからの輸入住宅だと、断熱性に優れているという印象があります。実際かなり寒い土地にいるのに、家の中では半袖で暮らしている人もテレビで見たので、その家の中の暖かさといったらないんだなと思いました。日本では寒冷地に住む人向けの商品となりそうですよね。
ただ、実際のところそんな輸入住宅でも断熱性や気密性に問題があるという口コミも出ているので、輸入住宅だから大丈夫とは安易に言えないようです。どのハウスメーカーも公式サイトで自社の断熱性のダメさなんて書かないですから、あとは建ててみてからわかるということになりそうです。特にフランチャイズ展開している会社だと、その加盟店ごとに対応や大工さんの腕が違うので地域差がありました。これは運も大きくかかわってくるので、博打をしたくないのならフランチャイズでないところの輸入住宅が良いように思います。いくら良い素材を使っても、隙間が空いていればそれは全部無駄になるかもしれません。

輸入住宅というのはデザインにおいて

Published / by BAQEYSlr

私の住んでいる愛知県でも人気の輸入住宅はデザインがとてもよいものになります。ある意味では日本風ではない、というところに魅力があるといえるでしょう。それは確かに素晴らしい部分ではあるのですが、それでも住宅性能においてはどうなのか、ということになるでしょう。輸入住宅の大きな魅力にデザイン性があるというのは間違いないことになりますが、日本において住みやすい形であるのか、ということも確認しておきたいところです。具体的にいいますとそれはどうしても気密性が高いような住宅スタイルのところもある、ということでしょう。住まいとしての気密性が高いというのは、デザイン的にも基本的に日本向けとは言いがたいことになります。何故かといいますとどうしても日本は高温多湿になるからです。湿気が強いことになりますから、これはそんなによい住宅ではないということにもなります。しかし、最近ではしっかりと空調を意識して設置できますから、そこまで問題になることはないでしょう。