カテゴリー: 一戸建て

子育てに向かない一戸建てだったけれど…

Published / by BAQEYSlr

うちの愛知県に注文住宅で建てた一戸建てマイホームは、「子どもを育てる」ということを全く考えて造らなかった一戸建て住宅です。ですから、階段にしてもリビングルームから二階へと続くオープン階段になっているのですよね。リビングルームの上部は吹き抜け天井になっていて、二階の廊下も階段と同じくオープンです。ですから、子どもが落下する可能性は十分にあるわけです。

ですから、新築から4年経って子どもが生まれた時には、さまざまな対策をしましたよ。もちろん、子どもにとって危険を回避するための対策です。例えば、二階の廊下の手すりとオープン階段にはネットを張ることはもちろんです。階段の出入り口にはゲートだってつけましたし。

しかし、二人目が生まれた時には既にもう何もしなかったのですよね。一人目が7歳になってから二人目が生まれたということもあり、子どもの危険を回避するための対策は既に取り払ってしまっていましたし。けれど、とくに危険もなく子どもは小学生になりました。ですからまあ、わが家は「子育てに向かない家」ではあり保育所にはできませんが、子育てができない家ではなかったということで。リフォームせずとも何とかなったというわけです。

地下が一戸建てでは是非とも欲しい

Published / by BAQEYSlr

愛知県に注文住宅で家を建てることになったのですが、住宅施設で欲しいと思えるのは何と言っても地下です。日本は湿気が物凄いということがありますから、どうしても地下というのはそこまで良い施設として認められていないというのも確かなのですが空調をしっかりとしたりあるいは周りの建材を色々と考えることによって少しはうまくいくようになるのです。私の場合は何と言っても大事にしているのが防音性能であるからです。戸建住宅ではマンションほどを気にしなくてもいいという点があるのですが、それでも難しいと言えるのが大きな音量でシアターなどを増設しようとしますと問題が出てきます。しかし地下にするのであればそれなりにかなり大きい音量を出したとしても問題がないということになります。既に戸建ては持っていますし、住んでもいるのですが次に立て替えをしなければならないという時には地下を作りたいと思っているのは間違いないです。ある意味で大人の秘密基地、みたいなことでやってみたいと思っています。

新築一戸建てはバリアフリー

Published / by BAQEYSlr

岡崎市に注文住宅で建てた新築一戸建ては、バリアフリーにしました。親も高齢になってきたので、安心した住まいを得たいと考えるようになってからバリアフリーの新築物件を探すことにしました。新築一戸建ては、バリアフリーを購入したいと考えていたので、バスルームなども高齢者が使いやすいよう、考慮して造られているような物件にしました。新築一戸建て物件を購入したいと考えるようになり、住宅メーカーの方に相談してバリアフリー物件を紹介してもらうことにしました。バリアフリー物件で高齢者も安心して住めるような物件を購入することができ、親もかなり喜んでいるので住宅メーカーの営業さんへこちらの希望をきちんと伝えたことで、快適な住まいを見つけることができ、とてもよかったと実感しています。バリアフリー物件を探すようにしたことで、とても快適な住まいを選ぶことができました。日常生活も大きく変化したので、高齢者も住みやすい快適な住まいを得ることができました。

土地選びのコツをチェック!

Published / by BAQEYSlr

岡崎市に注文住宅の家を建てることになり、周辺の環境も重要ですが、色々な物件展示会場をチェックして、住宅の造りや雰囲気など色々と家族で話し合いマイホーム選びのコツがわかるようになりました。土地選びのコツは、まず地盤がしっかりしていることが重要になるので、周辺に川があったり、沼があったような地位は避けるようにしました。そして、雨の日なども気になる物件の周辺を歩いてみて、水はけ具合なども確認しておくようにしました。水たまりができやすく、水はけが悪いと住宅も傷みやすくなるため、雨が降った日に大変になるな〜と実感するようになりました。土地選びのコツがわかるようになったので、家族で話し合い、理想的なマイホームのイメージや選び方などわかってきたので、新築物件のコツなども理解できるようになりました。地盤がしっかりしていることは、かなり重要になるため、雨の日の状況などは重視していたので、物件周辺を雨の日もチェックするなど、土地選びは重視しました。

一戸建ての吹き抜けは、収納が減る

Published / by BAQEYSlr

以前住んでいたマンションが日当たりが悪く、風通しも悪かったため結露やかびがひどかったので、一戸建てを建てるときは、明るく、結露がない家を建てたいとおもっていました。
そこで、マイホームを注文住宅で、岡崎市に建てたときは設計者の人と相談して、狭くても明るく、快適な家を建てるために土地選びや家の形状を一緒に考えました。今では、カビもなく、日中でも日が差すので快適です。

 

まずは、カビや結露を防ぐために窓を二重窓にしてもらいました。もともと二重窓が標準装備だったので、余計な予算がかからなかったので助かりました。
また、日差しを取り込むために吹き抜けを作りました。一部屋つぶれたけれど、おかげで風通しも良く、リビングまで日が差すので明るい家になりました。さらに部屋全体を明るくするために壁紙もすべて白で統一して、建材も淡い色にすることで、外からの光が家の中に広がるようにしました。

 

吹き抜けを作るとたしかに風通しと日当たりが良くなりますが、一部屋潰すことで収納が減ることを覚悟してください。

建売住宅は気になる所を全部言うべき!

Published / by BAQEYSlr

建売住宅を買うのでしたら、絶対に事前チェックを怠らないことですよ。わが家は結局、建売住宅を購入したなかったクチなので、説得力に欠けるかも知れませんけれど、しかし「結局、建売住宅を購入しなかった」という観点からも、これからマイホームを購入しようと思っている人に対してアドバイスをしたいのです。

そもそも、なぜ私たちが建売住宅を購入しなかったのかと言いますと、それは「検討していた建売住宅のアラが目立ったから」なのです。いや、実際はそれほど「アラが目立っている」とまではいえないかも知れません。けれど、見学時点にて気になるところが修繕されないまま契約を進めようとしましたので、「これはまずいかも知れない」と思って、結局は契約までに至らなかったのです。

「購入の契約をしたら修繕します」というのはおかしいと思うんです。いずれ修繕するつもりならが、私たちが契約をしなくても修繕しておくべきでしょう。だって他の人が買うかも知れませんから。しかし2ヶ月経っても修繕する姿勢が見られないということで、「これはまずい(おそらく修繕しないのだろう)」と判断して、結局契約をやめて注文住宅でマイホームを建てたのです。

ですから建売住宅でマイホームを検討している人は、気になるところがあればどんどんと言うべきですよ。その対応によって買うか買わないかを決める判断材料にもなりますからね。大事ですよ。

マンション暮らしにストレスで自宅購入

Published / by BAQEYSlr

マンションで暮らしていると、いろいろなことがあります。そこでは、やっぱり集団で暮らしている、そんな印象がどうしてもあるんです。それは、人と会うたびにそのことを感じるようになります。すると、いい時はいいのですが人と会いたくないと思った時にあったりすると、とてもストレスを感じることがあります。そんな時、早くマンション暮しを変わりたいと思ったりしますね。

また、マンションで狭いと感じた時、一戸建てが欲しくなりました。そのことは、誰でも感じることです。家具でいいものがあったとしても、その家具を配置させるところがないと思ってしまうのです。それは、とても大きなストレスとなります。

そのため、いろいろなストレスを抱えていて、それについてどうしても我慢することができないと思った時、愛知県内に輸入住宅の自宅を購入することにしました。それは、とても大きな理由の一つです。マンション暮らしを懐かしいと思う反面、二度と元のところに帰りたいと思いません。